振込キャッシング

24時間365日対応の振込キャッシング

振込キャッシングは大手消費者金融ではごく一般的なサービスとなりました。
取り扱いの無い大手消費者金融はないでしょう。
一方銀行カードローンではインターネット専業バンキングでもない限りまだまだ使われていないサービスです。

 

キャッシング即日対応のプロミスにも振込キャッシングがあります。
パソコン、スマートフォン、携帯電話、どのデバイスからでもインタ0ネット会員サービスから振込キャッシングの手続きができます。
本人名義の指定の口座に借り入れた金額が振り込まれます。
これまでのATMを使った借入方法だけではなく新たに振込キャッシングが使えるようになり消費者金融はより便利になりました。
今の時代です、銀行口座に残高が無ければならないことは少ないことではありません。
口座からの引き落としがあることを忘れていた時、慌てることもあります。
口座に残高がないばかりに便利なはずの口座引き落としがあだとなることもあるでしょう。
そんなときには振込キャッシングは非常に便利です。

 

返済もよく返済日まで待つのではなく、単に急場しのぎのキャッシングであれば仕事が終わってからでも返済をすればよいでしょう。
当日の返済であれば利息はかかりませんので無駄にすることなくキャッシングと返済が完了します。

 

ただし通常の振込キャッシングの時にはいつでもというわけにはいきません。
平日の9時から14時50分まで、この時間内に振込キャッシングの手続きを完了させなければ即座に振込キャッシングが完了することはありません。
これ以外の時間であれば振込キャッシングはよく営業時間である9時30分に振込実施となります。
金曜日の夜に振込キャッシングの依頼をすれば月曜日の朝9時30分に振り込みが完了します。
コツをつかめば不便さはなくなりますが、タイムラグがあることには気をつけなくてはなりません。

 

ところがプロミスには振込キャッシングをより便利にする方法があります。
方法は簡単です、振込キャッシング受取指定口座を「三井住友銀行」か「ジャパンネット銀行」のどちらかにするだけです。

 

プロミスは三井住友グループの子会社になりますので、三井住友銀行やジャパンネット銀行が優遇されます。
実は振込キャッシングが通常のものとは違い手続きをすればいつでも即座に振り込みが実施される瞬フリサービスがあります。
三井住友銀行かジャパンネット銀行を指定口座にするだけです。
それだけで24時間365日、振込キャッシング対応時間に変わります。

 

振込キャッシングだけではなく、会員サービスから行うインターネット返済でもこの二つの銀行口座は活用できますのでプロミスを利用するときには持っていると便利な銀行口座です。
もし、今これらの口座を持っていない場合には解説をしてみるのもよいでしょう。
三井住友銀行は日本三大メガバンクの一つであり、ジャパンネット銀行はインターネット専業銀行の中でも古株の部類に入ります。
持っていることで損をするような口座ではありません。

 

振込キャッシングのためにではなく、返済のために用意するというのであれば抵抗はないでしょう。
借りやすい環境をつくることは喜ばしいことではありません。
しかし万が一、そしていざとなったときには瞬フリの準備があるのとないのとでは大きな差が出てしまうでしょう。
他ではなかなかない24時間いつでも借り入れや返済ができる便利なサービスがインターネットで利用できるのはプロミスのメリットです。

結果がすぐにわかるプロミスの審査

審査結果がわかるまでは最短でも30分、それは消費者金融として標準的な時間です。
しかしプロミスではインターネットからの申し込みのときには自動審査が行われその場で契約可能額が表示されます。
自動審査はコンピューターによって行われますので素早く結果を知ることができます。
契約時には正式な融資限度額が決まりますが大幅にずれるようなことはないでしょう。

 

プロミスの審査についてご説明しましょう。
まずは自動審査です。
これは属性スコアリングシステムを採用しています。
属性とは勤務先、勤続年数、年収や勤務状況、年齢、居住形態、家族構成や電話区分など非常に細かく分かれています。
それぞれの属性に対して点数があり評価されます。
合計された点数によって審査に可決となるか否決となるか、そして可決となった場合の融資限度額などが判断されます。

 

わかりやすい属性では職業があります。
公務員は最も高く評価され、大企業、中小企業の正社員と続きます。
個人事業主ははっきりとは断定できませんが、続くのは契約社員、アルバイトパート、最後に収入がない無職となります。
評価されるほどに点数が高くなっています。
また電話区分もわかりやすいでしょう。
回線を引くためにその住所に居住していることを証明しなければならない固定電話はやはり評価が高くなります。
万が一返済が遅れたときにでも連絡がつきやすい電話区分だからでしょう。
携帯電話だけの場合にはその評価は高いものとはなりません。

 

自動審査だけではなく信用情報も審査では重視されます。
実はこの項目が最も重視されるところでしょう。
信用情報とはプロミスが個人の債務情報のすべてを管理する個人信用情報機関に照会することでわかります。
他社からの借り入れ状況、過去のキャッシング履歴、金融事故などが照会されます。
他社からの借り入れ金額が大きい場合には消費者金融であるプロミスには総量規制がありますので借り入れができない、もしくは融資限度額が低く設定されることも考えられます。
また過去のキャッシングに何らかのトラブルがあったときには審査に通ることはないでしょう。
貸金業のプロミスが最も嫌うのは完済ができないかもしれないというリスクです。
過去のキャッシングで返済の遅延があったり、債務整理などを行い、到底無事完済とは言えない状況があったときにはプロミスにとってその人物に貸付を行うことは大きなリスクとなってしまいます。
融資限度額が小さく設定されるのではなく、そもそもの審査に通ることがないでしょう。

 

消費者金融は審査が甘いと言われていますがそんなことはありません。
確実に返済をする約束が無ければ借り入れはできないことになります。
属性スコアリングがあり、個人信用情報機関に照会されることは消費者金融のプロミスだけではなく銀行カードローンなども共通する項目です。
消費者金融の審査が甘いとされているのは申し込み条件が幅広く設定されているからでしょう。
例えば銀行では正社員であることや年収が200万円以上であることが条件となっていることも多くありますが、消費者金融ではパートやアルバイトでも申し込みができます。
この違いが消費者金融の審査は甘いと誤解されている所以になるでしょう。